牟岐町観光物産館 千年サンゴの里より日々の出来事を情報発信します。


by mugigogo

祭りの裏方さん~ごくろうさまです~(●^^)


2012.07.28.土








梅雨も明けて、ようやくカラッとの夏がはじまりますね~004.gif




前には太平洋~後ろには山~
海水浴しながら、海辺でBBQ~
そして夜には、満点の星空の下で花火・・・
締めにはみんなで輪になってしんみり線香花火~



そんな最高のロケーションどこにある!!!??






ここにある!!!
徳島県海部郡牟岐町!!!!
またの名を 
徳島の右下!!!







夏休みどこの海で日焼けをしよう~かな~と
お悩みのかたは、ぜひ牟岐の海におこしください~(●^^)







そしてその最高のイベントをさらにパーフェクトにするなら、
本日!!!7月28日(土)がとくにおすすめ~053.gif



なぜならば~
『牟岐の夏祭り』があるからです~






本日は最高の夏祭り日和のお天気~016.gif058.gif







きょうは、そんな祭りのために裏方ではたらいている方々の
勇姿とともに、Blogをお届けします~010.gif










牟岐のお祭り・・・姫神祭。
昔、土佐の国司が美しい恋人の姫を土佐に残して帰ってしまった・・・
姫は恋しさのあまり、街へいこうと決心した。
船にのせてもらい街へ向かう途中に、大島沖でしけに遭った。
船長は「これは女をのせてしまったから、竜神様のたたりだ」と
いい出し、姫を大島に残してさっていってしまった。
姫は悲しさのあまり海中に身をなげた。
すると、そこから男根に似た大きな岩がむくむくと現れたとゆわれています。

この悲しい恋物語にちなんで、昭和43年ごろから
「姫神祭」としておこなわれ、県の奇祭として有名になっているのです~











牟岐大島には、そんな姫のために姫神神社をつくった~
それがこちら
a0280142_1853414.jpg

























祭神は“豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)”。
大島港は天然の良港にめぐまれ、悪天候のとき帆船が避難することがおおかった。
祭神が女神だったので、男根の模型を奉納し、海路の安全をいのったのです~
それがこちら~  貴重なお写真です~!!!
a0280142_18111467.jpg



















そんな神社がもうけられている岩肌には“魚藍観音”がえがかれている~
a0280142_18135596.jpg

































そして、そして、みなさん気になっているとおもいます~
姫さんが身を海になげ、そののちむくむくと現れた男根がこちら~    ん~ご立派!!
a0280142_18152095.jpg





















毎年姫神祭り当日に、地元の漁船に手作りの男根の模型をのせ
大島までパレードがおこなわれます~
そして、1年に1度のこの祭りに日に奇岩の締め縄をとりかえるのです~
a0280142_18303824.jpg




























そんな大事な大イベントのために地元のかたが
姫神神社の清掃をおこなっていたのです~
海の上で涼しそうなかんじですが~
天気の良い日ひ行われたので海に飛び込みたい気分だったでしょうね~
みなさんせっせと黙々とはたらいておられます~
a0280142_18244662.jpg






















祠にもおNEW締め縄をむすびます~
a0280142_1828137.jpg

















鳥居にもしっかりと~
結んで準備かんりょう~ 
a0280142_1827113.jpg






















1つ1つの祭りを無事に、充実に、最高のものにするにはこういった
裏方の作業がすんごく重要なんですね~
そんな方々の活躍があるからこそ、祭りを楽しめるんですね~
暑い中ごくろうさまでしたぁ~016.gif
a0280142_18283952.jpg



















みなさまもぜひ、牟岐へきて、大島までの
海上パレードにご参加くださぁ~い!!!!






























mi*






















[PR]
by mugigogo | 2012-07-28 15:31